特定非営利活動法人ウィズワーク・ラボ

代表挨拶

皆さま、こんにちは。理事長の角香里です。

これまでの経験を通じて、新たな法人の活動を皆さまにご紹介させていただく機会を得ましたこと、まずは心から感謝いたします。

私は40歳を過ぎて「ICTママ※」となり、事務職経験もIT知識もゼロからテレワーク人生をスタートしました。

 ※「ICTママ」とはチルドリン徳島が生み出した、子育て期の母親たちがICTを活用するワークスキルを学び合いチームで仕事をする仕組みであり、ママのコミュニティです。

そして、ワーカーの経験と元々のキャリアで刻まれた信念から、世の中に“テレワークという手段があるよ”と伝えることで、悩める人々や企業が固定概念から脱出するきっかけにして欲しいと思うようになり、メンバーと一緒に挑戦と試行錯誤を繰り返しています。
その中で、自分自身の将来に向けて前進する意欲はあるものの、現実の壁や心の障壁が立ちはだかり、一歩を踏み出すことができないと多くの方々が感じていることに気づきました。しかし、そうした困難や課題に立ち向かうこと自体が、実は前向きな気持ちの現れなのではないかと私は考えています。

法人名の“ウィズワーク”という言葉には「人生とともにある」という意味を込めました。
私たちは、そうした課題や困難を抱える方々に寄り添い、自らの将来に向けて前進する手助けをしたいと考えています。私たちの活動が、皆さまの前向きな気持ちを後押しし、未来に希望を見出すきっかけとなることを願っています。

自分に合った働き方やセカンドキャリアの始め方を知りたい、新しいワークスキルを習得したいというご相談には専門スタッフが対応し、適切にサポートします。

働く。は創れる
いくつからでも、自分に素直にもっと自由に、どうせならワクワクして働きたいですよね!

特定非営利活動法人ウィズワーク・ラボ 
理事長 角 香里

         

理事長 角